今回は、ガウラミニを実際に購入、使用されている方のブログから、ガウラミニに関する口コミ評判等を集計したものをご紹介させていただこうと思います。

本日ご紹介させていただくガウラミニの口コミ・評判が記載されているブログは「じょずさん」が書かれている「卓上水素水生成器「GAURAmini」ガウラミニをレンタルしてみました」というブログです。3つの観点からガウラミニの魅力をわかりやすくご紹介されています。

アルミパウチタイプと比較して圧倒的に経済的!

アルミパウチでは1リットルあたり830円

アルミパウチの水素水で1日に1リットルを飲もうとすれば1人あたり830円ほどになります。先ほど比較したアルミパウチの水素水が1セット12リットルで10,000円ほど、1リットルあたりの計算は10,000円÷12リットル=約830円となります。1日830円と考えると1ヶ月で25,000円ほどになり、家族3人と考えても75,000円になります。愛犬の分も入れるともっと掛かることになります。極論と言われるかもしれませんがアルミパウチの水素水は気軽に飲むことを躊躇してしまいます。
子どもにもアレルギー対策で水素水を飲ませたい、高齢の愛犬にもいっぱいの水素水を飲ませてあげたいと考えるとアルミパウチは家計的に現実的ではないのかもしれません。

ブログの中でじょずさんがまず挙げていらっしゃる点は、アルミパウチタイプと比較した際のサーバータイプ(ガウラミニに限らず)の経済性です。

じょずさんは一日当たりの水素水摂取量について、濃度には触れず「1リットル」とご紹介されておりますが、その1リットルの水素水を飲むにあたり、アルミパウチタイプ(ブログ内では「アルミパウチ」と表現)は一人あたり830円/日かかるとご自身の経験を踏まえてお話させています。

このサイトでも各商品ごとに「一日あたりの費用」をご紹介させていただいていますが、ガウラミニの場合、一日当たりの費用は128円となります。この差を考えるとサーバータイプをお勧めさせていただく理由がお分かりいただけるのではないかと思います。

ガウラミニを選んだポイント7つ

水素水サーバーを検討するにあたって重要な事は7つありました。

  1. デザイン的に部屋の中にマッチする
  2. コンパクトで設置場所に困らない
  3. 水素水濃度が高い
  4. 水道水が使用できる
  5. すぐ飲むことが出来る
  6. 信頼のできるメーカー品
  7. お値打ちである

次に、水素水のポイントとして以下の7ポイントを挙げ、各テーマからガウラミニについて評価をされています。確かにどのポイントも非常に重要です。私が特にこのガウラミニに特化しているポイントだなと思う点は、2.コンパクトで設置場所に困らない4.水道水が使用できる 5.すぐ飲むことが出来る(4は5に付随する内容) 6.信頼のできるメーカー品の3つです。

その中で、2.コンパクトで設置場所に困らないについて取り上げさせていただきます。ガウラミニは水道直結型ではないので、そのまま部屋の中で移動させることが可能です。ガウラ社のもう一方の商品H2ガウラや日本トリムなどに代表される水道直結タイプのサーバーは、水道があるキッチン回りに設置をする必要があります。スペースを取りにくいキッチン回りにサーバーを設置するのはなかなか大変です。さらに、水回りに常設すると、時間がたつにつれて本体やホースに水アカが発生してしまう点もかなりのマイナスポイントです。そんな中、このガウラミニやルルドなどのタンク型のサーバーは置き場所を選びません。これはかなり特筆すべきポイントです。

ルルドとの比較

  ガウラミニ ルルド

販売価格
(購入)

162,000円(税込・送料含) 159,840円(税込・送料無料)
水道水の使用 可能(浄水フィルター内蔵) 浄水すれば可能
水素濃度 即時1.0ppm

10分で0.3~0.4ppm
20分で0.5~0.7ppm
30分で0.8~1.2ppm

タンク容量 4.0リットル

1.8リットル

重量 5.1kg

1.6kg

外形寸法 180mm(幅)×380mm(奥行)×339mm(高さ)

316mm(幅)×160mm(奥行)×270mm(高さ)

付加機能 なし

オゾン水生成

レンタル 取扱あり(月4,980円)

取扱なし

フィルター 1年に1回8,640円(税込)

9ヶ月に1回3,056円(税込)

そして、最後にルルドとガウラミニを比較した上でガウラミニを選ばれた理由を書かれています。当サイトでも記事:2大人気サーバー「ガウラミニ」と「ルルド」を比較する!にて詳しくご紹介させていただいておりますが、じょずさんはこの2者の違いとして

  1. 水道水の使用可否(ガウラミニは可能、ルルドは不可能)
  2. 即時生成の可否(ガウラミニは可能、ルルドは30分必要)

を挙げていらっしゃいます。前述の「ガウラミニを選んだポイント7つ」のうちの4.水道水が使用できる 5.すぐ飲むことが出来るがそれぞれここに該当します。先ほども記載しました通り、私は、4は5に付随する内容だと判断します。すなわち、ガウラミニとルルドの決定的な違いはこの「即飲性」です。ガウラミニの場合、飲みたいと思った際に水道水から水を汲み、タンクに入れてそのままボタンを押せばすぐに水素水を飲むことが可能です。しかし、ルルドの場合は、浄水器がない場合はミネラルウォーターを用意し、タンクに水をセットしてから水素水ができるまで30分待たなければなりません。このことについてご購入される前にご自身で調べて気づかれたことが素晴らしいですね。

以上、ガウラミニのレンタルをされたじょずさんのブログをご紹介させていただきました。

ガウラミニの公式サイトからレンタル/一括購入カートへの移動手順

FireShot-Capture-111---水素水生成器と言えば高濃度水素水生成器レンタル・販売のガウラ

ガウラミニのご購入をご検討されている方から「購入ページへの移動の仕方がわからない」とのお問い合わせをいただきましたので、簡単にご説明させていただきます。

右(上)の図のようにページ中に「お申し込みはこちら~プラン・カラーを選ぶ」と記載の緑色のボタンがありますので、そちらをクリックしてください。左の図のようにに同じページ内のレンタル・一括購入のお申込みボタンがある部分へ移動します。

ご希望のお申込みボタンを押していただければ、それぞれのカート画面に移動します。(PCの場合「一括購入お申込み」ボタンの表示に画面をスクロールする必要があります。)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう