1日当たりのコストが100円を切る!コストパフォーマンス高の水素水サーバー

ルルド

このルルドの魅力は何といってもコストパフォーマンスの良さです。サーバータイプは元々初期投資に費用が掛かるものの、使用期間を考えると他のタイプ(スティックタイプやアルミパウチタイプ)よりも費用が抑えられ、家族で使用することを考慮すると、全タイプの中で最もコストパフォーマンスがよいことは当サイトでもご紹介しております。

このルルドはその中でもさらにコストパフォーマンスに優れた商品であり、一日当たりにかかる費用がなんと100円を下回ります

また、生成できる水素水の水素濃度も1.2ppmと飽和水素濃度の1.6ppmに近い高濃度を誇り、水素水サーバーとして最も求められる機能や特性をしっかりと押さえている優れモノの水素水サーバーになります。

ガウラミニと人気を二分する売れ筋の水素水サーバー

このルルドがよく比較される対象となるのが、本体価格が同じ159,840円のガウラミニになります。ガウラミニは当サイトでランキング1位でご紹介させていただいている優等生サーバーですが、このガウラミニと比較してもルルドのほうが優れている点は多々存在します。

ガウラミニと比較して、ルルドが優れている点

1.フィルターの費用が安い上にキャンペーンで9か月で要交換のフィルターが4個プレゼントされるため、ガウラミニに比べて3万円弱フィルター代を抑えられる。
2.濃度が高い(ガウラミニ1.0ppmに対し、1.2ppm)
3.オゾン水(清掃時に使用。汚れが落ちやすい機能水)生成機能付き
4.飲み水である水素水に電極(水素分子を発生させる金属片)が触れない特殊技術採用

こういったメリットが挙げられます。一方、ガウラミニはワンパス式の採用により「常に」1.0ppmの水素水を生成できるが、ルルドは水素水の生成に30分かかる点や、水道水を直接利用できない点、さらにはガウラミニが電気分解による水素分子生成にとどまらず、水素分子の注入機能を有する点や、サーバー本体を製造しているメーカーが購入後のサポート対応を担当してくれる点などなど、ガウラミニに軍配が挙がるポイントももちろん存在します。

出水01出水01

当サイトではガウラミニをランキング1位でご紹介しており「ガウラミニ推し」のような紹介になってしまいましたが、いますが「きちんと塩素機能を除去できる浄水器を使用されている方」「オゾン水を利用されたい方」「何よりコストを抑えることを優先したい」にはこちらのルルドをお勧めします!

冒頭でも申し上げた通り、ルルドは家庭用水素水サーバーとして優れた商品です。ガウラミニと比較される際には、それぞれの特徴をしっかりと比べてご自身にある方をしっかり見極めてから購入されるようにしてくださいね。

ルルド購入時「フィルター4本無料プレゼント」を受け取りたい方へ

%e3%83%ab%e3%83%ab%e3%83%89%e5%85%a8%e3%82%bb%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%82%b9%e3%83%9a%e3%83%bc%e3%82%b8

合わせて、フィルター4本無料プレゼントを間違いなく受け取りたい方へ当社経由でのルルドの購入方法をご紹介させていただきます。

以下のリンクより、ルルドの販売ページに遷移いただいた後、上の図のような画面が表示されれば、この「フィルター4本プレゼント」の対象ページになります。そのまま画面を若干スクロールいただくと、右下に「ルルド:レッドを注文する」「ルルド:シルバーを注文する」のボタンが表示されておりますので、いずれかを選択の上ボタンを押していただき、そのままカート画面へとお進みください。

評価

商品本体価格 159,840円(税込)
初期費用 0円(税込)
水素濃度 1.2pm
生成時間…即飲性 30分
メンテナンス費用 3,056円(税込)/9か月
耐用年数5年間フィルター費用
3,056円×3個=9,168円
※カートリッジ×3個(27か月分)の無料プレゼントキャンペーン中
耐久年数 5年(推定)

一日あたりの水素推奨摂取量2.0mgを摂取するのに

かかる費用/日 94円…5点
必要摂取量/日 1.7リットル…3点

必要作業とサポート体制

即飲性 30分※水道水使用不可 …1点
必要作業 なし…5点
サポート体制 各販売店が対応…3点
出水ポイント 本体価格が同価格のガウラミニとよく比較される商品です。ガウラミニよりフィルター費用が安価な点や若干ですが、1.2ppmと水素濃度が高い点、さらにはオプションとして水回りの掃除などに重宝するオゾン水の生成機能がついている点、さらに電気分解時に電極が飲み水(水素水)に直接触れない技術を採用している点などの独自の魅力がある一方、生成に30分かかる点水道水をそのまま使用することができない点など、ガウラミニに軍配が挙がる点もいくつか見受けられるようです。…4点
点数…3.5点

1日あたり必要摂取量の水素水生成にかかる費用…一括購入した場合

94円

計算式

①本体価格

159,840円(148,000円+税)

②初期経費

0円

③カートリッジ費/5年

9,168円(キャンペーンにつき4個無料プレゼント中。よって必要分は3,056円×3個

①本体価格、②初期経費(日割計算)

159,840円+0円/5年/12ヵ月/30日=89円

③カートリッジ費(日割計算)

9,168円/5年/12ヵ月/30日=5円

1日あたりにかかる費用

89円+5円=94円/日

ルルドの商品詳細

水素濃度 1.2ppm
酸化還元電位
利用水 残留塩素を除去した浄水、ミネラルウォーター、井戸水、ROろ過水
給水方式 注水式
生成方式 電解式
一回の生成量 1.8L/1回(10分で0.3~0.4ppm、20分で0.5~0.7ppm、30分で0.8~1.2ppmの水素濃度)
溶存濃度維持時間 12時間経過後に1.0ppm以上溶存
タイプ 卓上
カラー シャインシルバー、ワインレッド
カートリッジ交換 9ヶ月
カートリッジ価格 無料(3年間は無料で交換)
電気代 150円/月
備 考 水素水サーバーとしては唯一の連続水素充填機能付き。一度に飲み切れずに時間が経過した水素水を再度溶存濃度を高める機能がついています。

オゾン水の生成も出来る1台2役の機能付き。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう