7.0ppmの超高濃度水素水を摂取し「確実に水素水飲用の効能を得たい」また「身体の不調さらには疾患の治療をしたい」とお考えの方が検討すべき水素水はセブンウォーターもしくはアキュエラのいずれかであることと思います。ですが、この2種の超高濃度水素水は生成可能な水素水の最高濃度が同じ「7.0ppm」であることから、水素濃度を重視されている方の中でこのどちらがよいかを決めかねている方もいらっしゃることと思います。そこで、今回はセブンウォーターとアキュエラ2つの超高濃度水素水の違いを端的にお伝えさせていただこうと思います。

低価格で手間が少ないセブンウォーター

2者の端的な違いは、もう一方と比較した際のそれぞれの長所を確認いただければ明瞭です。まず最初にお伝えしたいセブンウォーターの長所はアキュエラと比べて安価である点です。以下は、2者の価格の違いになります。

アキュエラの場合

スターターキッド:6,800円/30日分(送料・税込)
2回目以降(水素発生剤のみの定期購入):6,900円/30日分(送料・税込)
初回:227円/日、2ヵ月目以降:230円/日

セブンウォーター

スターターキッド:5,600円/30日分(送料・税込)
2回目以降(水素発生剤のみの定期購入):5,400円/30日分(送料・税込)
初回:187円/日、2ヵ月目以降:180円/日

上記の通り、初回・2ヵ月目以降ともにセブンウォーターのほうが1日あたり50円安い計算になります。同じ水素濃度7.0ppmで一日あたりの費用が50円の差は非常に大きな違いであるといえます。

もう一つ、セブンウォーターに軍配が上がる点として挙げられるのが、毎日の水素発生(水素水生成)工程数がセブンウォーターのほうが少ない点です。
セブンウォーターの場合、

  1. ペットボトルに水を入れた後、その中にスティック(水素発生剤)を直接入れて蓋をする

だけであるのに対し、アキュエラの場合は

  1. スティックを専用カプセルに入れ
  2. そこにスポイトで水をたらして封をし、
  3. カプセルをペットボトルに入れ蓋をする

と工程が複雑になります。

5.0ppm濃度の水素水が即時生成可能なアキュエラ

一方、アキュエラの長所として挙げられるのが濃度5.0ppmの水素水の即時生成が可能である点です。例えば、前日に用事が入ってしまったり外泊により水素水が生成できなかった、またはついうっかり水素水生成作業を忘れてしまった場合、セブンウォーターはそこから12時間の生成時間を経過しなければ水素濃度5.0ppmの水素水を生成することはできません。ですが、アキュエラであればすぐに水素濃度5.0ppmの水素水を生成することが可能です。忙しい方やどうしても水素水生成作業を忘れがちな方にとっては非常に重宝する特徴であると言えるでしょう。

価格重視の方、もしくは規則的な生活を送っている方にはセブンウォーター、不規則な生活を送られている方にはアキュエラがおススメ

以上、3つの点(価格・作業工数・即時生成の可否)からセブンウォーターとアキュエラを比較してみましたが、この中で私が特に重視すべきだと思うのが価格と即時生成の可否の2点です。この2つの点から、私は

  • 価格重視の方、もしくは規則的な生活を送っている方にはセブンウォーター
  • 不規則な生活を送られている方にはアキュエラ

をそれぞれお勧めさせていただきます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう