様々な疾患や体調不良などの予防ならびに治療に効果が認められるようになってきたことから、昨今、多くの人が水素水を飲み始めています。しかし、水素水を飲み始めた人の多くがぶつかる悩みがあります。それが「一日あたりの必要摂取量の水素水を飲むことのが大変である」ということ。厚生省は成人の場合、一日に2~3リットル程度の水分摂取を推奨しており、換算すると約2リットル程度の水分を飲み物から摂取することが求められる計算になります。ですが、とある調査では約70%の人が一日あたりに水を飲む量が500ml以下であるという結果も出ていることからも、現代人は「水を飲むことが苦手な人」が多いようです。

セブンウォーター/アキュエラは濃度が7.0ppmの超高濃度水素水であり、それにより300ml弱の少量でもって一日あたりの推奨水素摂取量2.0mg(当サイト提唱)を達成できる点において、水嫌いの人の水素摂取を大いに手助けしている製品です。ですが、もう一点このセブンウォーター/アキュエラには「水嫌い」の人の手助けになる側面があります。それは「水以外のもので水素水を作ることができる」という点です。様々な水素水商品がありますが、水以外のもので水素水改め「水素含有飲料」を作れるのはこのスティックタイプ唯一の大きな魅力です。そこで今回は、セブンウォーター/アキュエラでもって作成できるおすすめの「水素含有飲料」をご紹介していきたいと思います。

セブンウォーター/アキュエラのおススメの飲み方「水素茶」

まず、セブンウォーター/アキュエラで作成可能な水素含有飲料の中で最もお勧めのもの、それは「水素茶」です。お茶の種類は特に制限はありません。麦茶や緑茶をはじめ、紅茶やほうじ茶、ウーロン茶などどのような種類のお茶でも水素茶の生成が可能です。

まず最初にお茶を作っていただき、それを水素水生成用のペットボトルに入れて、水素水を作る要領で水素を発生させるための準備をしていただくだけです。後はセブンウォーターの場合もアキュエラの場合もそのまま24時間経過するのを待つだけで、水素が含まれたお茶「水素茶」が完成します。お水を飲むのが苦手な方でも、お茶であればきっと苦労なく摂取することが可能になるのではないでしょうか?

あまりお勧めできない飲み方

一方、水素発生を妨げるような要因を含む飲み物を使うことはあまりおススメできません。以下、その要因になるものと一例をご紹介させていただきます。

炭酸飲料

炭酸が含まれている飲料製品は水素発生を妨げる要因になるのでおススメできません。一例としてコーラやサイダーが挙げられます。

熱いもの 

温度が高い飲み物も水素発生を妨げるので避けたほうが良いでしょう。ホットコーヒーや温かいお茶などが挙げられます。

濃度が濃い、もしくは固形物が含まれるジュース

100%ジュースのような濃度が高い飲み物、さらに果肉が入っているようなジュースも、やはり水素発生を阻害する要因になりうるのであまりおススメできません。

水素水で割って飲む

最後に、スティックタイプに限らず全ての水素水において言えることになりますが、水素水を「割りもの」として活用することももちろん可能です。例として、カルピスやポカリスエットなどのスポーツ飲料が挙げられます。

いかがでしたでしょうか?水を飲むのが苦手な方にとって、水素茶をはじめ水以外の水素含有飲料から水素を摂取できるというのはかなり朗報なのではないでしょうか?
セブンウォーター/アキュエラのスターターキッドには、いずれも水素濃度測定薬が付いてきます。ですので、あなたオリジナルの水素含有飲料を作る際、水素濃度がきちんと保たれているかが不安な場合は、測定薬を使って水素濃度を調べることができるので安心です。

ぜひ、あなたにとってベストの水素飲料を模索してみてください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう