さわやか水素は「食べるマイナスイオン製造元」を謳う宮城県の企業「株式会社TAANE」が製造、「株式会社YKサービス」が販売する「サンゴカルシウムタイプ」の水素水サプリになります。(水素サプリのタイプ4つについては、ページ:水素サプリメントの水素発生メカニズムと安全性をご確認ください)

さわやか水素の魅力は、強さと継続性のバランスが取れた還元力と、継続購入時のリーズナブルさにあります。後ほど詳しくご紹介しますが、飲用後6時間における1時間毎の平均酸化還元電位-218mV、また12時間後、24時間後も共に-130mV以上と平均以上の還元力が維持されることが確認できました。また、1カ月分が4,900円なので、一日あたりにかかる費用が163円良心的な価格設定をしている水素サプリと言えそうです。

さわやか水素の水素濃度

まずは、当サイトで測定した「さわやか水素」の酸化還元電位(水素濃度)の測定結果をご紹介させていただきます。当サイトの水素水製品における水素濃度の計測はメチルンブルーによる水素濃度計測、もしくは酸化還元電位計(ORPメータ)YK-23RP-ADVにおける還元力の計測を行っております。当水素サプリカテゴリーにおいては還元力の計測を採用しております。

1時間後 -180mV 5時間後 -231mV
2時間後 -232mV 6時間後 -201mV
3時間後 -225mV 12時間後 -156mV
4時間後 -236mV 24時間後 -132mV

さわやか水素は服用1時間後に酸化還元電位-180mVまで下がり、そこから6時間の間、-200mVを切ることなく平均以上の還元力が維持されておりました。また、それ以降もある程度の還元力が維持され、24時間経過後も-132mVの酸化還元電位を確認することができました。

一日あたりにかかる費用

さわやか水素は自社サイトを使ってのプロモーション活動がなされておらず、販売は主にAmazonや楽天などの大手ECサイトにてなされているようです。ですので、多くの水素サプリに見られる定期購入が設定されておらず、継続購入をする際には定期的に自身で商品を購入することとなります。多少面倒ではあるものの、継続使用をやめたいときに、購入をやめてしまえばいいだけなので、抵抗なく辞められることをメリットと考えることもできそうですね。

さて、一日あたりにかかる費用ですが、さわやか水素は10粒(5日分)のお試しパック1,2,3か月分パックがそれぞれ販売されているようです。

お試しパックを購入した場合の1日あたりにかかる費用

お試しパックはAmazonで900円、楽天で1,000円とのことでAmazonのほうが100円安く販売されているのが確認できました。ですが、今後値段設定が変わることも考えられますので、購入時は両者を比較していただければと思います。

お試しパックを購入した場合、1日あたりにかかる費用

お試しパック(10粒入り)

900円(税込)/1袋

1日あたりにかかる費用

900円/5日=180円/日

60粒入りパックを購入した場合の1日あたりにかかる費用

さわやか水素は1日2粒の飲用が推奨されておりますので、60粒入りで一か月分となります。この1パッケージは単品にて4,900円(税込)で販売されています。また、さわやか水素はセット販売がなされており、60粒入り×2セットで9,500円60粒入り×3セットで13,800円でそれぞれ販売されています。よって、単品購入ならびにそれぞれのセットを購入した場合の1日あたりの費用はそれぞれ以下の通りになります。

60粒入り単品を購入した場合、1日あたりにかかる費用

60粒入り単品

4,900円(税込)/1袋

1日あたりにかかる費用

4,900円/30日=163円/日

60粒入り×2セットを購入した場合、1日あたりにかかる費用

60粒入り×2セット

9,500円(税込)/1袋

1日あたりにかかる費用

9,500円/60日=158円/日

60粒入り×3セットを購入した場合、1日あたりにかかる費用

60粒入り×3セット

13,800円(税込)/1袋

1日あたりにかかる費用

13,800円/90日=153円/日

当たり前の話ですが、数量が多くなった方がお得になるようです。なお、先ほども申し上げた通り、さわやか水素はAmazonと楽天での販売となります。それぞれのプラットフォームによって販売対象商品や値段設定を若干変えているようです。今後も内容が変わる可能性がありますので、購入時は両方を確認されることをお勧めします。

さわやか水素の安全性

続いて、さわやか水素の安全性についてご紹介させていただきます。さわやか水素の原材料を確認すると、当商品にはサンゴカルシウムとHPMCの2種のみが使用されており、安全性が高い「サンゴカルシウムタイプ」の水素サプリと言えそうです。

それぞれの詳細は以下の通りです。

サンゴカルシウム
サンゴに含まれるカルシウム成分になります。販売元のYKサービスにサンゴの産地を問い合わせてみましたが、確認できませんでした。
HPMC(ヒドロキシプロピルメチルセルロース)…
水酸基を酸化プロピレンでエーテル化することで得られるセルロースの誘導体です。生理的に無害であるとともに化学的にも不活性である事から、医薬品添加剤として国内外で幅広く使用されています。日本においては医薬品の結合剤として活用されています。

評価

かかる費用/日(初回) 163円…3点
かかる費用/日(定期購入2か月目以降) 158円…4点
安全性 高い…5点
還元力(高さ) 酸化還元電位平均-218mV(服用後6時間)…4点
還元力(持続性) 12時間後…-156mV、24時間後…-132mV…3点
出水ポイント 服用後6時間における1時間ごとに計測した酸化還元電位の平均値が-200mV、さらに12時間,24時間経過後の酸化還元電位も-130mVを切ることがないことから、平均以上の還元力を持つ商品といえそうです。また、都度の購入になりますが、継続購入する際、1日あたりにかかる費用が約160円に抑えられるリーズナブルさも魅力と言えそうです。…3点
点数…3.7点

この記事が気に入ったら
いいね!しよう