ロスリダクションは、「美容総合商社アメニティコーポレーション」が販売する「フラナガンタイプ」の水素サプリになります(水素サプリのタイプ4つについては、ページ:水素サプリメントの水素発生メカニズムと安全性をご確認ください)。

アメニティコーポレーションはスキンケア商品や基礎化粧品をメインに取り扱いしている企業となります。女性をターゲットにしている企業ならではと言えるようなパッケージや包装などにもこだわりが見られ、ロスリダクションは水素サプリには珍しく、病院で処方されるような1粒ずつの包装がきちんと施されています。それだけでもかなり好感を持てますね。さっそく、内容を確認していこうと思います。

ロスリダクションの水素濃度

まずは、当サイトで測定した「ロスリダクション」の酸化還元電位(水素濃度)の測定結果をご紹介させていただきます。当サイトの水素水製品における水素濃度の計測はメチルンブルーによる水素濃度計測、もしくは酸化還元電位計(ORPメータ)YK-23RP-ADVにおける還元力の計測を行っております。当水素サプリカテゴリーにおいては還元力の計測を採用しております。

1時間後 -314mV 5時間後 19mV
2時間後 -205mV 6時間後 43mV
3時間後 -127mV 12時間後 102mV
4時間後 -5mV 24時間後 149mV

服用1時間後は酸化還元電位-314mVと高い還元力が確認できましたが、その還元力も1時間経過毎にみるみる下がり、5時間後には+に転じてしまいました。

したがって、還元力そのものは確認できるものの、還元力の持続性が乏しい水素サプリと結論付けられそうです。

一日当たりにかかる費用

ロスリダクションは、Amazon楽天にてそれぞれ販売されています。30カプセルタイプと60カプセルタイプとがあり、Amazonでは30カプセルが3,023円60カプセルが4,560円、楽天では30カプセルが3,218円(送料別)60カプセル5,897円でそれぞれ販売されているようです。いずれもAmazonのほうが安く販売されていますね。

安価な値段で購入できるAmazonでの出品価格での計算をすると、メーカーの一日あたりの最小推奨摂取量が1つなので、そのまま1個あたりの価格を算出することとなります。30カプセルを購入した場合が1個あたり101円、60カプセルを購入した場合、一個あたり76円という計算結果となります。

30カプセルパッケージを購入した場合、1日あたりにかかる費用

1パック(30カプセル)

3,023円(税込)

1日あたりにかかる費用

3,023円/30日=101円

60カプセルパッケージを購入した場合、1日あたりにかかる費用

1パック(60カプセル)

4,560円(税込)

1日あたりにかかる費用

3,023円/30日=76円

ゼオセブンプラチナダイヤモンド水素に次ぐリーズナブルな価格設定の水素サプリと言えそうです。

ロスリダクションの安全性

続いて、ロスリダクションの安全性についてご紹介していきましょう。ロスリダクションに含まれる原材料は、ヒマワリ油、結晶セルロース、HPMC、クエン酸K、炭酸K、着色料(酸化チタン)、ステアリン酸Ca、微粒酸化ケイ素、硫酸Mg、水素となります。

着色料の「酸化チタン」など、若干気になる成分が使用されているようです。この中で一般的ではない成分について以下、ご紹介していきましょう。

結晶セルロース…
繊維性植物から得られたα-セルロースを酸で部分的に解重合して精製したものになります。医薬品添加物として広く用いられています。白色の粉末状で、水に溶けません。味はなく、化学的に不活性であることから薬物と混合した場合にも変化がなく、優れた賦形剤として活用されています。
HPMC(ヒドロキシプロピルメチルセルロース)…
水酸基を酸化プロピレンでエーテル化することで得られるセルロースの誘導体です。生理的に無害であるとともに化学的にも不活性である事から、医薬品添加剤として国内外で幅広く使用されています。日本においては医薬品の結合剤として活用されています。
クエン酸カリウム…
クエン酸のカルボキシル基のうち1つを水酸化カリウム等で中和してカリウム塩にしたものです。痛風など高尿酸血症の治療薬として処方されています。
炭酸カリウム…
植物の灰分中に多量に含まれる成分です。白色粉末で吸湿性が強く、水に極めて溶け易く、強いアルカリ性を示す「かんすい」の主要成分になります。
酸化チタン…
食品を白く着色する成分。「発がん性」、「アルツハイマー」、「不妊」の原因として多くの研究者がその危険性を指摘している物質であり、日本では食品添加物に指定され、食品に使用する場合は着色のみ使用が認められています。
ステアリン酸カリシウム…
ステアリン酸カルシウムとパルミチン酸カルシウムを主成分とする高級脂肪酸のカルシウム塩の混合物で、低水溶性、粉体の流動性向上・固結防止等の機能を有している成分です。欧米においては 1920年代頃から食品に用いられています。日本でも、医薬品分野で使用されております。
微粒酸化ケイ素…
乾燥防止剤に含まれる「シリカゲル」として多く知られています。サプリメントの吸湿(湿気)防止に使用されたり、製造工程で混入することが多いです。摂取しても体に吸収されず、体外に排出されるので危険性は無いと言われています。
硫酸Mg…
発酵食品の発酵時の栄養源や醸造添加物、パンのイーストフード、また豆腐の凝固剤などに使用される安全性が確認されている成分です。

やはり、酸化チタンの仕様が気になるところですね。その他には、危険な成分、疑わしい成分は確認されませんでした。

評価

かかる費用/日(60カプセル) 76円…5点
安全性 普通(「酸化チタン」が含まれる分2点減点)…3点
還元力(高さ) 酸化還元電位平均-42mV(服用後6時間)…1点
還元力(持続性) 12時間後…102mV、24時間後…149mV-3点
出水ポイント 1日当たりの費用が76円と安価な点や、1粒毎の包装がなされるなど評価に値する点はあるものの、還元力の持続性が乏しく、服用5時間後には酸化還元電位がプラスに転じてしまいました。もし服用されるなら、1日2~3粒を数時間ごとに分けて飲まれることをお勧めします。また、着色料に酸化チタンが含まれているのも気になるところ。こだわりが見られる商品ゆえに、今後の改良に期待したいところですね。…1点
点数…1.4点

この記事が気に入ったら
いいね!しよう