水の素「株式会社日本機能性医学研究所」が販売する「精製岩塩タイプ」の水素サプリです。(水素サプリのタイプ4つについては、ページ:水素サプリメントの水素発生メカニズムと安全性をご確認ください)

この水の素は、当社の斎藤糧三医師と日本における水素水界の第一人者である太田成男先生が共同開発した商品となります。太田先生が開発に携わっていること、さらにサイト上で実際に当商品使用時の水素発生工程ならびに濃度が公開(当サイトでも当動画解説をしております。詳しくはコチラから)されていることから信ぴょう性も高く、よって水素サプリの服用に抵抗がある方でも、抵抗なく使用することができる商品なのではないでしょうか。

当サイトでも実際に水素濃度(酸化還元電位)を確認させていただきましたが、服用後~6時間経過までの1時間毎に計測した酸化還元電位の平均値が-244mVと十分な還元力が確認できました。

このように水素濃度が高く、なおかつ著名な専門家が開発に携わっており信頼性があることから、価値のある商品であるということができますが、その分一日あたりにかかる費用が432円とかなり高コストの商品になります。(私は200円以下が適正価格であると考えており、一日あたりにかかる費用150円以下の商品については4点、130円以下の商品については5点をつけるようにしております。)

当サイトでは、還元力・費用・安全性でもって水素サプリを評価しておりますが、還元力(酸化還元電位平均-312mV)と費用(128円/日)、両要素を満たす商品として最もお勧めしているヘルシアーナ水素をはじめ、「価格重視」であれば酸化還元電位平均値-207mV、一日あたりの費用36円のゼオセブン「還元力重視」なら酸化還元電位平均値-499mV(水の素の2倍以上)、一日あたりの費用231円アクアシャインをお勧めさせていただいております。

もちろん、これらの商品は表記されている原材料から、いずれも「安全性が十分高い」と考えられる商品になります。水素サプリに関する理解が深まり、ご自身が何を重視されたいかが明確になられたら、上記3種のいずれかのサプリメントを継続利用されるとよろしいかと思いますが、水素サプリを初めて飲もうと考えている方の中で、「権威のお墨付きが欲しい」とお考えの方にとっては、安心して服用できる商品として水の素を購入されるのもよろしいのではないかと思います。

水の素の水素濃度

まずは、当サイトで測定した「水の素(みずのもと)」の酸化還元電位(水素濃度)の測定結果をご紹介させていただきます。当サイトの水素水製品における水素濃度の計測はメチルンブルーによる水素濃度計測、もしくは酸化還元電位計(ORPメータ)YK-23RP-ADVにおける還元力の計測を行っております。当水素サプリカテゴリーにおいては還元力の計測を採用しております。

1時間後 -309mV 5時間後 -171mV
2時間後 -341mV 6時間後 -151mV
3時間後 -280V 12時間後 -99mV
4時間後 -214mV 24時間後 -31mV

服用1時間後にピークが現れ、3時間経過まで約-300mVの酸化還元電位を確認することができました。そこから時間経過とともに還元力がゆるやかに下降、6時間後には-151mVまで下がるものの、平均値は-244mVの高還元力を誇ります。

また、12時間後、24時間後はそれぞれ-99mV、-31mVと一応還元性が保たれることが確認されたものの、服用後に体内で還元性を十分に発揮するには低い値であることから、還元力の持続性としては「一般水準の範囲」と言えそうです。

一日あたりにかかる費用

冒頭でも申し上げた通り、この水の素のネックポイントはやはりこの費用面になります。まず、単品での購入の場合12,960円、定期購入用の価格設定もされておりますが、税込12,000円と大きな値引きは設定されておりません。

一日あたりかかる費用を計算すると、単品購入の場合は432円/日、定期購入の場合は400円/日となります。

単品での購入時にかかる計算式

単品購入時にかかる一日あたりの費用

初回限定価格

12,960円(税込)/1袋

1日あたりにかかる費用

12,960円/30日=432円/日

定期購入時にかかる計算式

定期購入時にかかる一日あたりの費用

初回限定価格

12,000円(税込)/1袋

1日あたりにかかる費用

12,000円/30日=400円/日

水の素の安全性

続いて、水の素の安全性についてご説明させていただきます。水の素は水素発生機序に「精製岩塩」が採用されています。原材料として使用されている成分は精製岩塩、イノシトール、酸化Mg、HPMC、ステアリン酸Ca、着色料(酸化チタン)になります。この中で一般的に知られていないものについてご説明させていただきます。

精製岩塩…
岩塩になります。岩塩に含まれるマグネシウムに水素を吸蔵させ、体内で水素を発生させます。
イノシトール…
体内の脂質代謝を促進し、肝臓への脂肪蓄積を防ぐ作用があります。豆類や果実などをはじめとする様々な食品に含まれる一方、体内で生成される成分であることから、安全な成分であると言えます。
酸化マグネシウム…
主に便秘薬として使用される成分です。大量に摂取すると、高マグネシウム血症になる恐れがあるとされていますが、日常の中で普通に摂取する分にはほとんど危険性はありません。
HPMC(ヒドロキシプロピルメチルセルロース)…
水酸基を酸化プロピレンでエーテル化することで得られるセルロースの誘導体です。生理的に無害であるとともに化学的にも不活性である事から、医薬品添加剤として国内外で幅広く使用されています。日本においては医薬品の結合剤として活用されています。
ステアリン酸カルシウム…
ステアリン酸カルシウムとパルミチン酸カルシウムを主成分とする高級脂肪酸のカルシウム塩の混合物で、低水溶性、粉体の流動性向上・固結防止等の機能を有している成分です。欧米においては 1920年代頃から食品に用いられています。日本でも、医薬品分野で使用されております。
着色料(酸化チタン)…
食品を白く着色する成分。「発がん性」、「アルツハイマー」、「不妊」の原因として多くの研究者がその危険性を指摘している物質であり、日本では食品添加物に指定され、食品に使用する場合は着色のみ使用が認められています。

着色料に発がん性など体に害を及ぼすリスクが確認されている酸化チタンが使用されているのが気になるところです。水素発生機序として採用されている精製岩塩は安全性が高い手法であるとはいえ、毎日服用するサプリメントになるので着色料にも気をかけていただきたかったですね。

評価

かかる費用/日(単品) 432円…0点
かかる費用/日(定期購入) 400円…0点
安全性 普通(発がん性のある酸化チタン使用につき-2点)…3点
還元力(高さ) 酸化還元電位平均-244mV(服用後6時間)…4点
還元力(持続性) 12時間後…-99mV、24時間後…-31mV…2点
出水ポイント 高い水素濃度を誇るサプリメントですが、やはりコストの高さが気になるところです。冒頭でもお伝えさせていただいた通り、当サイトオススメNo.1ヘルシアーナ水素であれば一日当たりの費用が128円(定期購入時116円)になります。その3倍以上の432円は、太田先生が開発に携わっているとはいえ、正直高額すぎるという感想が正直なところです。

また着色料に酸化チタンが使用されていることからも、冒頭にて比較対象としてご紹介させていただいたヘルシアーナ水素、アクアシャインゼオセブンのほうが原材料から判断する限り安全性が高く、継続利用をご検討される場合は上記3種のいずれかを選択されることをお勧めします。…3点

点数…2.0点

この記事が気に入ったら
いいね!しよう