水素カプセルは様々なサプリや健康食品を製造・販売する沖縄の企業「株式会社エフ琉球」が運営する「通販サイトseedcoms」にて販売されている「サンゴカルシウムタイプ」の水素カプセルになります。

冒頭から正直なことを申し上げますが、この「水素カプセル」全くお勧めできません。まず、水素サプリとして必要機能である還元性が全く確認できませんでした。また、水素発生のための成分(サンゴカルシウムや精製岩塩など)以外の栄養補助成分も全く含まれておりません。よって「飲んで何のメリットが得られるサプリメントかよくわからない」というのが出水の正直な感想です。

水素カプセルの水素濃度

まずは、当サイトで測定した「水素カプセル」の酸化還元電位(水素濃度)の測定結果をご紹介させていただきます。当サイトの水素水製品における水素濃度の計測はメチルンブルーによる水素濃度計測、もしくは酸化還元電位計(ORPメータ)YK-23RP-ADVにおける還元力の計測を行っております。当水素サプリカテゴリーにおいては還元力の計測を採用しております。

1時間後 103mV 5時間後 178mV
2時間後 160mV 6時間後 184mV
3時間後 154mV 12時間後 185mV
4時間後 161mV 24時間後 195mV

上記のとおり、還元力が全く確認できませんでした。カプセルの表面の膜の厚さが薄かったことからも、もしかすると、摂取直後において若干の還元力が発揮されるタイプの水素サプリなのかもしれません。ですが、摂取1時間後に還元力が全く無くなってしまったことから、多少還元力を有していたとしても、水素サプリとして飲むに足る製品とはとても言えないというのが正直な感想です。

一日あたりにかかる費用

水素カプセルは一日3粒以上の摂取が推奨されており、90粒入りの3か月分が998円(税込)で販売されています。ですので、一日あたりかかる費用を計算すると11円破格の費用設定となります。ですが、先ほども申し上げた通り、還元力が全く確認できず、水素サプリとしての機能が確認できない以上、どれだけ安価だとしてもお勧めはできませんね。

以下、計算結果です。

1袋(3か月分)を購入した場合、1日あたりかかる費用

①1袋あたりの価格

998円(税込)

1日あたりにかかる費用

998円/90日=11円/日

水素カプセルの安全性

続いて、水素カプセルの安全性についてご紹介させていただきます。水素カプセルはサンゴや貝の殻に含まれるカルシウムをパウダー化したカルシウム水素パウダーから水素を発生させる仕組みの「サンゴカルシウムタイプ」の水素サプリになります。

水素カプセルに含まれる成分は結晶セルロース、焼成カルシウム水素パウダー、二酸化ケイ素、ゼラチンとなります。

このうち、一般的ではない成分の内容をご紹介させていただきます。

結晶セルロース
繊維性植物から得られたα-セルロースを酸で部分的に解重合して精製したものになります。医薬品添加物として広く用いられています。白色の粉末状で、水に溶けません。味はなく、化学的に不活性であることから薬物と混合した場合にも変化がなく、優れた賦形剤として活用されています。
焼成カルシウム水素パウダー
サンゴや牡蠣に含まれるカルシウム成分になります。株式会社エフ琉球に問い合わせたところ、水素カプセルには沖縄産のサンゴが使用されているとのことです。
微量二酸化ケイ素
乾燥防止剤に含まれる「シリカゲル」として多く知られています。サプリメントの吸湿(湿気)防止に使用されたり、製造工程で混入することが多いです。摂取しても体に吸収されず、体外に排出されるので危険性は無いと言われています。

評価

かかる費用/日 11円…5点
安全性 高い…5点
還元力(高さ) 酸化還元電位平均157mV(服用後6時間)…-3点
還元力(持続性) 12時間後…185mV、24時間後…195mV…-3点
出水ポイント 1日あたりにかかる費用が11円と破格の費用設定となりますが、肝心の還元力が全く確認できませんでした。また、水素発生成分以外にビタミンなど健康補助成分の配合も確認できないため、正直、お金を払って摂取をする意義を見出すことができないと言わざるを得ません。…採点不能
点数…-点

この記事が気に入ったら
いいね!しよう