30歳以上の日本人の8割が歯周病を患っている

歯周病

歯磨き粉や歯ブラシのCMなどでよく耳にする「歯周病」。実は、30歳以上の日本人の実に8割がこの歯周病を患っているという衝撃の事実をご存知でしたでしょうか?もちろん、その度合いの幅は広く、80%に含まれる人の多くは「ごく軽症」に該当するとのことですが、この歯周病の進行リスクは年齢が高くなるにつれ高くなるといわれています。そんな歯周病の予防に水素水が効果を発揮することが臨床試験で明らかにされています。今回は水素水が歯周病予防に及ぼす効果・効能についてお話しさせていただければと思います。

歯周病の発生メカニズム

まずは、歯周病が発生するメカニズムについてご説明していきましょう。口の中には、常に300~500匹ほどの細菌が存在しているといわれています。ですが、食後歯に残った歯垢の中には、なんと数億もの細菌が潜んでいるといわれています。この細菌が歯茎に炎症を引き起こし、歯周病が発生します。

活性酸素により歯周病が進行

冒頭でも申し上げた通り、30歳以上の日本人のほとんどが歯周病を患っています。ですが、ほとんどの方が気にもかけていないのは体内の免疫により、この歯周病が生活に支障をきたす程度に至らずに済んでいるからです。このように若いうちは免疫力が十分に高いため、歯周病の進行は食い止められます。ですが、年を重ねて免疫力が下がると、この進行の歯止めが利かなくなり、結果、歯周病の第二ステージ「骨への浸食」へと症状が進行してしまう可能性が高くなります。

この歯周病の進行を引き起こす原因である「免疫力の低下」の要因の一つに活性酸素が関与しているのです。加齢により、活性酸素を除去する機能が低下することで、細胞が参加ストレスに晒され、それにより免疫力の低下が引き起こされるのです。

水素水飲用が歯周病の進行抑制に効果

冒頭でも申し上げたとおり、水素水飲用による歯周病進行の予防の効果はすでに臨床試験により実証されています。この臨床試験はて2012年に岡山大学の森田学教授によって行われました。その内容は欧州歯周病専門雑誌「Journal of Clinical Periodontology」にも掲載されました。以下、その内容をご紹介させていただきます。

歯周病を患うラットを2つのグループに分け、片方に水素水を、もう片方に蒸留水を2週間与え、その後両グループのラットの「血液中の活性酸素の量」「歯周病の進行度合い」を確認いたしました。その結果、蒸留水を与えたラットグループについては血中の活性酸素の上昇とともに歯周病の進行が確認されました。ですが、一方の水素水を与えたラットグループについては血中の活性酸素の増加が抑制され、さらには歯周病の進行にも抑制効果が確認されました。

このように、歯周病の進行抑制に水素水が有効に作用することは臨床試験によって実証されております。健康を維持するためには「健全な歯を保つこと」がとても重要になります。虫歯になりやすい方、歯の健康に自信がない方は、水素水習慣を導入されることを検討されてみてはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう