水素水を飲み始めるにあたり、サーバータイプを導入したいと考える方は多いようです。もしあなたもそのお一人であれば、その考え、大正解です。なぜなら、長いスパンで考えた際、他のタイプに比べて圧倒的にコストパフォーマンスがよいからです。しかし、そうはいうもののいきなり十数万円もするサーバーを一括購入することに抵抗を感じる方もいらっしゃることでしょう。

そんな方が検討されるのが、この「レンタルサーバー」です。そこで、ここではレンタルサービスを提供しているお勧めの水素水サーバーをランキングでご紹介していこうと思います。

第一位/第二位 アルピナウォーター/ハワイウォーター

AlpinaKV660X435-03

 このサイトではあらゆる水素水商品をご紹介していますが、その中でも私、出水が最もお勧めしている商品が、このアルピナウォーターのレンタルサーバーサービスです。その理由はシンプルで、3.4ppmという他のサーバータイプ(平均1.0ppm以下)に比べて圧倒的な水素濃度の高さを誇る一方、1日あたりの費用を計算した際、133円/日とかなりの低コストを実現しているからです。今現在、レンタルタイプの水素水サーバーをお考えの方にまさにおすすめしたいサービスとなります。

 一方、ほぼ同点の第二位としてご紹介させていただくハワイウォーターはアルピナを提供しているトーエル社が提供するアルピナの姉妹商品になります。ハワイウォーターとアルピナウォーターの違いはボトルに入っているお水。アルピナウォーターが北アルプスから採水された水である一方、ハワイウォーターはハワイオアフ島産の水が使用されているサービスになります。いずれも同じ水素水サーバーを提供しており、水素濃度も仕様も同じという点から、私は単価が安いアルピナウォーターをお勧めさせていただいておりますが、もしハワイのお水にこだわりたいとお考えの方は、是非ハワイウォーターをご検討ください。

第三位 ガウラミニ

%e3%82%ac%e3%82%a6%e3%83%a9%e3%83%9f%e3%83%8b

 第三位でご紹介させていただくガウラミニは、スポーツクラブへの長年のサーバー提供実績のあるガウラ社が提供する卓上型のサーバーになります。ガウラミニの魅力を一言で表現するとすれば「しっかりした」サーバー。例えばガウラミニそして、設置型でガウラ社主力商品の「H2ガウラ」
ワンパス方式という独自の技術を採用しており、それにより即時かつムラのない水素水精製を実現しています。よって、いつでも安定した水素水を精製することができます。
 濃度は1.0ppmで費用が1月あたり4,980円。いずれも一位・二位でご紹介させていただいたトーエル社の2商品と比較すると、どうしても見劣り感は否めませんが、他社のレンタルサーバーは、濃度が1.0ppm未満もしくは月額のレンタル料が割高である点から、関東圏外にお住まいの方にぜひお勧めしたいレンタルサーバーになります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう