水素水が便秘に効果をもたらす理由は未だ科学的に実証されていない

便秘

水素水を飲み始めた人を対象としたアンケートで、「水素水を飲み始めてから実感した効果は?」という問いに対し、最も多かった回答が「便秘が改善した」というものでした。しかし、実は水素水が便秘に効果をもたらすことは、科学的には未だ実証されておりません。

したがって、今回はこういった声が実際に挙がっていることを踏まえて、水素水が便秘に効果をもたらす理由を模索しながら、どういった方により便秘解消の効果が期待できるのかについてお伝えしていければと思います。

便秘が起こる4つの原因

まずは水素水が便秘に及ぼす効果についてお話しする上で、便秘が起こる原因についてお伝えさせていきます。現在、便秘が起こる原因は以下の4つであるといわれております。

1.食事量および食物繊維不足

特に女性に多い話ですが、ダイエットなどにより食事量が十分出ない場合、それが便秘の直接の原因になります。また、便のもととなる食物繊維が不足すると、やはりこれも便秘の直接の原因となります。

2.筋力不足

便を排出するためには、腸の蠕動運動が欠かせませんが、それをサポートする役目をする腹筋の存在も重要になります。運動不足や老化により、腹筋の筋力が不足すると便秘の原因になることがあります。

3.水分不足

便を生成するには水分が必要不可欠です。よって、体内の水分が不足すると便秘の原因になります。

4.睡眠不足やストレスから来る自律神経の乱れ

腸の蠕動運動は副交感神経が優位になると活性する仕組みになっています。よって、自律神経が乱れると、交感神経が活性するため副交感神経の働きが抑えられ、結果、便秘を引き起こす原因となります。

以上が便秘を引き起こす原因4つになります。

水素水摂取により便秘が改善した原因とは?

上記を踏まえて、水素水を飲むことで便秘が解消した要因について検証していこうと思います。便秘の原因となる上記4つのうち、水素水の摂取が直接作用するのは3.水分不足4.睡眠不足やストレスから来る自律神経の乱れと考えられます。

「水分不足」が原因で便秘だった方の場合、水素水を飲むことが直接十分な水分摂取につながったものと考えられます。水素水を開始したばかりの方は、普段よりも「意識しながら」水素水を飲むようになります。その結果、便秘を解消するのに必要な水分の摂取が達成されたのではないかと考えられます。

「睡眠不足やストレスから来る自律神経の乱れ」が原因で便秘だった方の場合についても考えていきましょう。睡眠不足やストレスは体内に大量の活性酸素を発生させます。よって、これらの活性酸素が交感神経を活性化させる原因になっていたものと考えられます。水素水は活性酸素を除去する効果が期待できるので、水素水を飲むことで活性酸素が除去され、結果、副交感神経が優位になることで蠕動運動が促進され、便秘が解消されたのではないかと考えられます。

もし、上記のうち「水分不足」や「睡眠不足やストレスから来る自律神経の乱れ」が便秘の原因になっているとお考えの方にはぜひ水素水をお勧めさせていただきたいと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう