糖尿病

厚生労働省によると、現在、日本国内に糖尿病を患っている方は700万人以上いると言われております。この人数は日本の人口の12分の1に相当する人数になります。これほど国民的疾患と化している糖尿病ですので、一昔前と比べるとその治療法はだいぶ進化してきています。ですが、それでも糖尿病を一度患うと、食事制限を強いられるのが一般的です。よって「糖尿病の予防」は日本人の健康側面における課題の一つとされています。

そんな中、最近「水素水を使った糖尿病予防」が注目されていることをご存知でしょうか?今回は、この水素水を使った糖尿病予防についてお伝えさせていただければと思います。

糖尿病の発生メカニズム

水素水が糖尿病の予防にどのように役立つのかをお伝えさせていただく前に糖尿病が発生するメカニズムをご紹介させていただこうと思います。私たちは普段、食事を通し糖分を摂取しますが、その糖分はそのままダイレクトに体に吸収されるわけではありません。体内に入った糖分は、膵臓が生成するβ(ベータ)細胞と呼ばれる細胞から分泌されるインスリンという物質により血糖値を下げた状態で吸収されるのです。

すなわち、糖尿病とは何がしかの作用によりこのβ(ベータ)細胞からインスリンが分泌されない、もしくは分泌量が少なることにより、血糖値が高いままの状態で糖分が体に吸収されることにより起こる疾患なのです。

このβ(ベータ)細胞のインスリン分泌量を下げる要因の1つとして活性酸素が注目されています。すなわち、ストレスや不規則な生活などにより活性酸素の生成量が増加すると、β(ベータ)細胞が酸化ストレスを受け、それによりインスリン分泌量が減少するのです。
そこで、水素水を飲むことでβ(ベータ)細胞へ酸化ストレスを与える活性酸素を除去され、結果、糖の血糖値の正常化する効果が期待されているのです。

水素水を飲んだ被験者の糖尿病の症状が緩和した

この水素水を飲むことによる糖尿病の予防効果はすでに臨床試験にて実証されております。以下、その結果が報告された論文をご紹介させていただきます。

Supplementation of hydrogen-rich water improves lipid and glucose metabolism in patients with type 2 diabetes or impaired glucose tolerance.

この臨床試験は2008年に京都にある梶山内科クリニックと京都府立医科大学大学病院により行われたもので、2型糖尿病または境界型糖尿病と診断された患者グループにそれぞれ水素水を8週間飲用(1日あたり900ml飲用)してもらったところ、両グループの被験者全員のインスリン分泌量が増加、およびそれによる血糖値の低下が確認されました。また、境界型糖尿病グループの被験者6人のうち、4人については「疾患が完治した」と診断されるまでに症状が回復したと報告がされています。

以上、水素水が糖尿病症状に有効に作用したことが報告された臨床試験についてご紹介させていただきました。現状、糖尿病の症状に悩まれている方、もしくは予防策を施したいとお考えだった方へ水素水飲用習慣の導入をぜひお勧めしたいと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう