%e5%a6%8a%e6%b4%bb

昨今、女性の社会進出・晩婚化が進むとともに初めての妊娠・主産をする女性の平均年齢が年々上昇していることが明らかになっています。厚生労働省が2012年6月5日に発表した人口動態統計(概数)の中では「第1子出生時の母の平均年齢の年次推移」が公表され、平成23年に過去最高の30.2歳に到達したことが判明いたしました。

2016年は特に政界における女性の躍進が目立った年でした。東京都知事に小池百合子氏、防衛大臣に稲田朋美氏、民進党党首に蓮舫氏がそれぞれ就任いたしました。また、9月末の現在、まだ確定していませんが、アメリカではヒラリー・クリントン氏が初の女性大統領に就任される可能性が高いといわれています。

女性が輝く社会の実現は非常に喜ばしいことです。ですが、女性の生き方やライフスタイルが変遷する一方、身体の作り、メカニズムは今も昔も大きく変化することはありません。こうなると、問題として発生するのが「社会的な結婚・出産の適齢期と身体的な出産適齢期のズレ」です。

卵子は老化するもの

2012年に放送されたクローズアップ現代では、産みたいのに産めない ~卵子老化の衝撃~という衝撃的な内容のドキュメント番組が放送されました。そこで紹介された衝撃の事実とは、「卵子が老化する」というものでした。

精子が皮膚の表皮細胞と同様、その都度新しい細胞が作られる構造になっている一方、卵子においては、卵子細胞の「素」となる細胞が体内に蓄積されており、受精や排卵の都度作られるものではないため、この「基」が身体とともに年々「老化」することが報道されました。

「加齢」による 卵子の老化を防ぐことははできません。ですが、このサイトでもご紹介させていただいているように「酸化ストレス」がこの老化を大幅に促進させることが判明しています。 したがって、卵子の老化を最大限防ぐには、この活性酸素により卵子が酸化ストレスに晒されるのを防ぐことが重要であるということができます。

太田先生が勧める水素水を使った卵子の老化防止策

水素水にはこの酸化の元凶となる「活性酸素」の除去効果が確認されています。よって、水素水による卵子老化防止の検証がなされた研究が過去に実施されていないかと当該論文を探してみましたが、現時点で確認することができませんでした。ですが、水素水の第一人者である太田先生が自身のブログで水素水を使った卵子老化の予防法をご紹介されいる記事を発見することができたので、その内容をご紹介させていただきます。

酸化防止のための一般的な水素水の活用方法は「水素水を飲むこと」です。このサイトでご紹介させていただいてる商品も、基本的は飲むことを前提に作られています。ですが、太田先生は卵巣は外からの作用を受けにくくするための独特な構造がなされており、結果、経口摂取した水素水が卵巣で酸化の予防効果を期待するのは難しいという旨のお話をされていらっしゃいます。

そこで、水素分子のあらゆる物質の中で最も体積が小さく、浸透力が高いという特徴を活かし、飲むよりも「水素水のお風呂に入浴する」という方法の採用を推奨されております。

忙しく働いている女性、現在妊活をされている女性は是非、水素風呂入浴のご検討を

今回ご紹介させていただいたように、妊娠のために必要不可欠な卵子はその特性上、「老化するもの」であり、若返らせることができません。よって、老化を予防すること、そして、さらなる老化を阻止し、現状を維持することが大事であると考えられます。 毎日、忙しく仕事をされているが、将来出産を考えていらっしゃる女性、また、妊娠するための活動である妊活をされている女性は毎日の入浴に水素水を取り入れることをご検討されてみてはいかがでしょうか?

最近では、自宅の浴槽内のお湯を水素水に変換する機器が市販されております。このサイトでも「グリーニング スパ 風呂用 水素水生成機 HDW0004」をご紹介させていただいております。その中で、当該機器の詳細や使用感のレビューをご紹介させていただいておりますので、是非、参考にしていただければと思います。

水素水おすすめランキング【2017年最新版】
水素水マイスターの出水やすおみがアルミパウチ・ボトルなどの単一型からサーバー・生成器などのレンタル・買い取り型まで、...

この記事が気に入ったら
いいね!しよう