うつ病

現在、日本では人口の約1割強の方がうつ病で悩んでいると言われています。うつ病は当事者自身の特性や環境に大きく依存する疾患であり、それ故、ケース毎に治療方針の選定が必要とされる疾患であるとされています。そんな中、水素水がうつ病へもたらす効果が期待されています。そこで、本日は水素水がうつ病にもたらす効果・効能についてお話しさせていただこうと思います。

ミトコンドリアの機能不全がうつ病発症の要因

この水素水の機能とうつ病との関連性を考える上で重要になってくるのが「ミトコンドリア」の存在です。ミトコンドリアはすべての細胞内に含まれる器官の名称ですが、このミトコンドリアの機能不全により、細胞内の神経伝達機能が低下し、それが躁うつ病発症の要因に1つになるといわれています。

ミトコンドリアは、もともと活性酸素による酸化ストレスに対する耐性が弱い器官であるといわれています。そんな中、精神疾患を患っている方は体内で活性酸素を除去する成分の分泌機能が低下する傾向があり、それゆえ一般の人よりも活性酸素が多量発生しやすく、結果、ミトコンドリアが一般の人よりも酸化の脅威にさらされやすい状態となってしまいます。

「ミトコンドリアが酸化の脅威にさらされやすくなることで、さらに神経疾患が悪化、それによりますます活性酸素への耐性が弱まり、それによりさらに酸化の脅威が高まる…」という負の連鎖が続くことが、うつ病が持続性の高い疾患である理由の1つであると言われています。

躁(そう)うつ病(双極性障害)にミトコンドリア機能障害が関連

そこで、この負の連鎖を断ち切る効果を期待されているのが水素水です。当サイトでも何度もご紹介させていただいている通り、水素水には活性酸素を除去する効果があります。よって精神疾患を患った方が水素水を飲むことで、ミトコンドリア酸化の元凶となる活性酸素が除去され、結果、この負のスパイラルの歯止め役になることが期待されているのです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう