C777_pedbottlenomizuwonomu_TP_V

当サイトでは、水素水を飲むことにされた方がきちんと効果・効能を実感していただけるよう、過去の臨床試験の結果を参考にし、一日あたりの水素推奨摂取量として2.0mgを設定させていただいております。ですが、もう一点、水素摂取による効果を充分に得るために実施すべきことがあります。それは一日に数回、水素水を摂取するタイミングを設けるということです。

理由は2つあります。ひとつめは「水素が空気に非常に溶けやすい性質を持つ物質だから」です。空気に溶けやすい水素を一度に摂取しても、そのほとんどが体の中で空気に触れ溶けてしまうのです。よって、充分な量の水素を身体の中の細胞組織の中に浸透させるために摂取回数を重ねる必要があるのです。もうひとつの理由、それは活性酸素の発生は絶えず体の中で起こっているからです。水素水が最も効果を発揮するのは「活性酸素が発生した瞬間」と言われています。よって、活性酸素を除去するには、絶えず発生する活性酸素に合わせて、できるだけ継続的に水素水を摂取することが望ましいのです。

このような理由から、水素水はできるだけこまめに摂取をすることが望まれるのですが、それを踏まえて水素水商品を選ぶ際に重視したいポイントがあります。それが飲みたいタイミングで水素水を用意することができること、すなわち「即飲性」です。

即飲性を有する水素水とは?

まず、サーバータイプの中でこの即飲性を兼ねているのが「ガウラミニ」「H2ガウラ」「アルピナ/ハワイウォーター」の3つになります。一日あたりの費用が最もかからないサーバー「ルルド」は水素水を生成するのに30分の時間を要します

次に、2つのスティックタイプのうち、この即飲性についてはアキュエラに軍配が挙がります。セブンウォーター5.0ppmの水素水を生成するのに12時間を要するのに対し、アキュエラは同濃度の水素水を即座に生成することが可能です。

トラストウォーターをはじめとするアルミパウチタイプにおいては、全商品がこの特性を備えているといえますが、いうまでもなく常時、在庫を確認・管理している必要があります。

このように、水素水の導入を検討する際に考慮するべき「即飲性」という観点があります。そして、サーバー・スティックタイプにはそれぞれ、この「即飲性」を満たす/満たさない水素水商品が存在します。水素水を導入される際はぜひ、この「即飲性」を判断材料の一つとしてご検討いただければと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう