水素水が「パーキンソン病」予防・抑制に及ぼす効果

COW121013855_TP_V

パーキンソン病は、アルツハイマー病と並んで発症頻度が高い神経変性疾患であり、40代以降に発症率が高く、特に65歳以上に割合が多いのが特徴です。この病名はイギリス人のジェームス・パーキンソンの名前に由来するといわれています。

脳は、「大脳」、「小脳」、「脳幹」に大別され、それぞれの神経細胞が情報伝達が行い、身体全体のバランスを保っています。その情報伝達には「ドーパミン」、「セロトニン」、「アセチルコリン」と呼ばれる3種の神経伝達物質の存在が必要不可欠となります。

パーキンソン病は、この脳幹に属する「黒質」に異常が発生し、そこで生成される「ドーパミン」の分泌量が低下、それにより大脳の大脳基底核にある「線条体」へ向けての情報伝達経路が正常に機能しなくなることにより発症することが判明しております。この黒質で作られるドーパミンの量が正常値よりも20%低くなると、パーキンソン病が発症するといわれています。

パーキンソン病の主な初期症状は主にふるえ、固縮、無動、姿勢障害の4つに分けられるといわれています。それぞれの特徴は以下の通りです。

ふるえ
…じっとしている際に手足にふるえが生じる症状です。イスなどに座っている際、膝に手を置くと自然と手の震えが生じます。この症状は手を膝からはなし、動かす際には発生しません。
固縮
…筋肉のこわばりにより、手足の動きがぎこちなくなる症状です。
無動
…椅子に座った際の「揺れ動作」や「まばらき」をはじめ、健常な人にみられる部位ごとの細かな動きが著しく減少する症状です。
姿勢障害
…直立している際には問題がないのですが、何かの拍子に体制を崩した際、元の姿勢を保つことが容易にできなくなるなどがこの症状に該当します。

上記のほかにも、便秘、排尿障害、立ちくらみ、発汗異常、そしてうつ病などの症状の発症も認められています。

水素水摂取による「パーキンソン病」予防・抑制効果に期待が

現在、水素水摂取がこのパーキンソン病に有効に作用するという検証結果を報告する論文が数点、発表されています。ここでは水素水を使用した、このパーキンソン病の予防ならびに抑制に関する論文をご紹介させていただきます。

【研究論文】水素濃度が異なる2種の水素水を使用した「パーキンソン病」における水素水飲用がもたらす効果・効能

水素水摂取によるパーキンソン病発症の予防・症状抑制に関する研究論文は、このサイトでも度々紹介させていただいております。その中の1つとして、2013年に順天大学において、人体への効果効能についての検証結・・・

【研究論文】パーキンソン病に対する水素水の効果・効能とは?

この記事は「水素水がパーキンソン病に及ぼす効果」の研究に関する論文についてご紹介していきます。 パーキンソン病は、脳内の神経細胞が変質・脱落することにより生じる疾患です。そのメカニズムの全容は未だ解明・・・

ページの先頭へ