水素水を使った「肝機能障害」の予防・治療における効果と効能

%e8%82%9d%e8%87%93

肝臓はアルコールや老廃物など、身体にとって有害となる物質を分解、無毒化、さらにはこれらの老廃物を体外に排出したり、脂肪分解・吸収を補助する胆のうと呼ばれる消化液を分泌するなど、身体にとって必要不可欠な働きをする重要な臓器です。

この肝臓に発症する疾患を総称して「肝機能障害」と言いますが、肝機能障害は発症時に表面化しにくく、末期になってから本人に自覚症状が現れるところから、肝臓は「沈黙の臓器」などとも言われることがあります。

以下、主な肝機能障害の種類4つの概要をご紹介させていただきます。

脂肪肝…もともと脂肪の一部を蓄える機能がある肝臓に、一定値以上の脂肪がストックされることで起こる。脂肪の過剰摂取が原因
肝炎…肝臓で炎症が発症する疾患、ウイルス性のものとアルコール性のものがある
肝硬変…幹細胞の損傷・壊死とその再生が過剰に繰り返されることで肝臓が小さく硬くなってしまう疾患。
肝臓ガン…肝臓のガン。ウイルス性肝炎の進行、もしくは他の器官からの転移により発症。

これら肝機能障害に対し、水素水を使用した予防ならびに治療効果を検証するための臨床試験がこれまで何度も行われており、一定の効果が認められています。ここでは、それら臨床試験の検証結果として報告された論文をご紹介させていただきます。

【研究論文】水素水飲用がB型肝炎患者の治療に及ぼす効果・効能

B型肝炎はB型肝炎ウイルスに感染することで発症する疾患です。現在、全世界で3.5億人がこのウイルスに感染しているといわれており、そのうち日本人は約150万人、人口に換算すると約100人に1人が感染して・・・

【研究論文】水素水飲用が肝臓内の「酸化還元に関する遺伝子の増加」に効果

これまで当サイトでは肝機能障害に水素(これまでは主に水素ガス吸引)が効果を発揮する可能性を示唆する論文のご紹介をしてまいりました。今回は水素水飲用が肝臓に作用する効果に関する論文をご紹介させていただき・・・

【研究論文】水素ガス吸引が肝機能障害の予防にもたらす効果・効能-②虚血-再灌流障害からの発症を抑制-

前回に引き続き、今回も水素ガス吸引が肝機能障害の抑制に及ぼす効果・効能に関する研究論文をご紹介していこうと思います。今回ご紹介する事例は、虚血-再灌流障害から引き起こされる肝機能障害において、水素ガス・・・

【研究論文】水素ガス吸引が肝機能障害の予防にもたらす効果・効能-①造影剤投与による発症を抑制-

肝硬変や肝炎、さらには肝臓ガンなど、肝臓に関する疾患をまとめて肝機能障害といいますが、この肝機能障害発症の原因には様々なものがあります。その1つに画像診断検査時に用いられる「造影剤の投与」によるものが・・・

ページの先頭へ